Acupuncture & Moxibustion / Bone setting

スタッフブログ

腕の痺れ・痛み (本日のロアン鍼灸整骨院の施術から) つづき

前回のブログで腕の痺れ・痛みで来院された方の整形外科的徒手検査と膜・メカニカルな評価を書きました。

その検査・評価をもとに、この方にどのような事が起きて、症状を出現させているのかを考察します。

レントゲンの結果通り、C6,C7間の問題で、C7神経根の絞扼により腕の痺れ・痛みが生じているのには間違いないようです。
これは、症状の範囲、ジャクソンテスト、スパーリングテストから判断できます。

ではなぜC6、C7間に問題が生じたのか?

この患者さんは、その原因を治療していなかったために改善して行かなかったようです。
もし本当の原因が首にあれば、改善したでしょう。 逆に、1番の原因が首にない場合、首の治療だけを受けていると、炎症を起こし悪化することもあります。

この患者さんの場合、脊髄の硬膜に強いテンションがありました。
硬膜は脳から脊髄を覆い、後頭骨の大孔と言われる脊髄が通る穴と、骨盤の仙骨(S2)に強く付着し、仙骨から更に外終糸(これは硬膜ではありませんが、軟膜という硬膜と共に脊髄を覆う膜です)により尾骨とつながっています。
過去に、しりもちをついた経験がないか聞いたところ、記憶にないとの事。
私は過去の外傷の経験を患者さんに聞くことが良くあります。
骨折や脱臼は皆さん良く覚えていますが、転んだ経験やしりもちをついた経験など、記憶は薄れて行くものです。
まして、子供のころのちょっとした怪我の記憶なら尚更です。

以前、首の痛みで来院された方で、同じように硬膜にテンションが掛っていたケースがありました。
その方は尾骨の変位もあり、尾骨の靭帯に強い圧痛がありました。
「尾骨打ったことありませんか?」の問いに、同じく「記憶にない」とおっしゃっていましたが、治療中に、「そういえば小学生のころ、椅子に座る時に友達に椅子を引かれて、おしりを打った事がある。あの時は痛かったなー」と思い出しました。

悪ふざけで引かれた椅子によって、何十年もたってから首の痛みが発症。子供のころのケガや、過去に行った手術が原因になっている事は結構多いのです。

小学校の頃、私がふざけて椅子を引いたあの子は大丈夫かな?

脱線しました。戻します。

硬膜に強いテンションが掛っていると、常に頚椎・胸椎・腰椎にも強いテンションが掛かります。
これは硬膜が背骨の脊柱管を通っているからです。頭蓋骨から脊柱、尾骨まで硬膜によって圧縮が掛るのです。

そして、心膜の制限。心膜からは頚椎につながる靭帯が存在しています。
その靭帯に引っ張られ、C6に異常な負荷がかかって制限を起こしている可能性があります。 C6を中心に頚椎に異常な負荷が掛り、神経が出てくる穴である椎間孔で問題が生じ、神経が圧迫をされているのでしょう。

その影響で頚椎に起始を持つ斜角筋に過度の緊張が生じ、その間を通る腕神経叢も圧迫。

さらに、胸椎の制限により肋骨を介して胸膜に異常なテンションが生じ、胸膜を吊っている堤靭帯をひっぱり、これにより堤靭帯を通過する鎖骨下動脈の制限につながり、上腕動脈のテンションとして触知できたものと考えられます。

この方の場合は、1番の原因である硬膜・心膜への施術で脊柱に対する負担を解放する事が必要でした。

実際の治療も初回は、硬膜・心膜のリリースのみ。

再診時に、胸膜と斜角筋、腕神経叢、動脈のリリース。

3回目で、頚椎の治療。

今回で4回目の施術ですが、痺れ・痛みは改善されており、その他の制限部位のリリースと首、肩、背中の筋肉に対し筋リラクセーションを行いました。

治すためのテクニックも重要ですが、治療で最も大切な事は、その患者さんをしっかり検査・評価して、1番の原因を知る事だと考えています。

中野の整体・整骨と鍼灸 ロアン鍼灸整骨院 院長