Acupuncture & Moxibustion / Bone setting

施術案内

坐骨神経痛

その痛みは坐骨神経痛?坐骨神経痛様の痛み?

坐骨神経痛

原因

坐骨神経痛は、坐骨神経に沿っておしりから足にかけて起こる痛みの総称です。
坐骨神経を引き起こす代表的な疾患は、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などがありますが、いずれも神経周囲の圧迫による物理的刺激や神経の阻血(梨状筋症候群に関しては圧迫されていない場合あり)が原因となります。

実は、それ以外に坐骨神経痛に良く似た症状が出現する場合があります。
それは、おしりや足に出現するトリガーポイントとよばれる筋膜上の硬結や、仙腸関節障害や股関節障害からの関連痛で、坐骨神経の圧迫がないにもかかわらず、坐骨神経痛様の症状が出現します。

放置すると

痛みと共に生活しなければならず、生活の質や日常動作は低下して行きます。
また痛みのために逃避姿勢をとるようになり、その無理な姿勢のゆえの二次的な痛みを膝や背中など、他の部分に誘発する可能性があります。
また、ヘルニアの中でも中心性ヘルニアと呼ばれるものや、馬尾神経型の狭窄症では、放置すると下肢の運動麻痺などが生じます。当院では、検査の結果、これらの疾患が疑われる場合、専門の医療機関への受診をお勧めしております。

ロアン鍼灸整骨院の治療方法

まず、問診・徒手検査等で坐骨神経痛の原因を把握します。
原因を把握した上でFPNバランス調整を行います。骨盤、背骨、筋・筋膜の機能障害のためにゆがみが生じ、バランスが取れなくなった状態(※代償不全)を正すことにより、神経の圧迫や関節・筋膜の障害が是正され根本的な改善を図ります。また、鍼灸を併用し深部の組織に直接アプローチも行います。

※筋骨格系の代償不全
身体に異常が出現しそのバランスが崩れた時に、人体に備わっているホメオスタシスメカニズム(身体を一定に保つ機能)により、筋骨格の機能や構造を犠牲にして再度バランスを取ります。これを代償と言います。代償された状態が慢性化し、犠牲になっている組織に過度な負担が掛り続けると、ついにはバランスが保てなくなります。この状態を代償不全と言い、痛みやシビレなどの症状が出現します。