Acupuncture & Moxibustion / Bone setting

施術案内

四十肩・五十肩・肩の痛み

障害を受けている組織の見極めと、交感神経の抑制が早期治癒の鍵となります。

四十肩・五十肩・肩の痛み

原因

四十肩・五十肩は、肩関節を構成している筋肉・腱・靭帯、特に腱板と呼ばれる筋肉の付着部と上腕二頭筋長頭腱に加齢による変性をきたし、それに引き続く反応性の炎症、そしてこの炎症が、肩の周囲組織へ波及して生じます。
痛みの強い疼痛期、関節の動きが悪くなる拘縮期、症状が改善する緩解期の3期を経過し治癒します。

また、四十肩・五十肩の疼痛期に似ているが拘縮を生じない、上腕二頭筋長頭腱炎や腱板炎、肩峰下滑液包炎と言った組織単独の炎症性疾患もあります。

放置すると

基本的には四十肩・五十肩は自然治癒します。ただし、1~2年の期間を要します。その間痛みと拘縮の為、日常生活動作に制限が生じます。また、拘縮を残したまま治癒してしまう場合があります。

ロアン鍼灸整骨院の治療方法

どの筋肉や組織が障害を受けているか検査し治療する事と、肩関節周囲および胸椎、頚椎を評価・治療する事で過剰に反応している交感神経を抑制し、治りやすい環境をつくります。
(交感神経が過剰に反応すると血管などが収縮し治癒過程に悪影響を与えます。)
それにより、治癒の期間が大幅に短縮されます。