Acupuncture & Moxibustion / Bone setting

大切なご自身のお身体に見合った、
より高いレベルの施術をご提案致します。

当院の施術方針

FPNバランス調整で症状の根本改善を図ります。
当院の施術方法
・患者様のお身体の状態を理解するため、アライメントチェックや理学検査(整形外科学テスト方法)、筋膜の評価等を行い、症状の原因を調べたうえで施術を行います。
※検査結果によっては、他の医療機関への受診をお勧めする場合がございます。
・エビデンス(科学的根拠)のしっかりとした徒手療法を組み合わせた独自のFPNバランス調整で症状の根本改善を図ります。

※慰安のマッサージは行っておりません。ご了承ください。

当院の施術方針

院長紹介

  • 中曽根 裕治(なかそね ゆうじ)
  • 昭和47年5月20日生まれ
  • 群馬県出身
  • 明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)卒 鍼灸学学士
  • 同大学付属病院実習・鍼灸センター実習終了
  • 鍼師・灸師・柔道整復師・登録販売資格(医薬品)
  • 経絡治療学会会員
  • JOPA(Japan Osteopathic Professional Association)会員

FPN Balance

FPNバランス調整

FPNバランス調整

オステオパシー的アプローチに、筋肉をダイレクトに緩めるテクニックや姿勢改善のための運動療法を組み合わせた、当院独自の調整法です。
硬くなった筋膜を緩め、骨格・骨盤のゆがみを是正し、神経・体液の流れを正常化させ、身体の自己調節機能を改善させることにより身体のバランスを整えます。


FPNとはFascia(筋膜)Pelvis(骨盤)Nerve(神経)の頭文字から来ています。

Osteopathy

オステオパシーとは

オステオパシーとは

アメリカの医師A.T.Still(アンドリュー・テイラー・スティル)によって提唱された医学体系です。
人体を統一体として捉え、解剖学・生理学・発生学の観点によりマニュピレーション(手技療法)を行う医学療法であり、自然化学をベースにした哲学が含まれます。


アメリカではオステオパシーを行うためには、医師の資格が必要であり、病態によってはオステオパシーマニュピレーションに手術や投薬が併用される事があります。
オステオパシーは医師主導のテクニックですので、エビデンス(科学的根拠)がしっかりしています。 アメリカやヨーロッパではオステオパシーマニュピレーションが盛んに研究され病院等で実践されており、日本でも理学療法のテクニックとしてオステオパシー的アプローチを行う病院が少しずつ増えて来ました。

オステオパシーマニュピレーションは、身体を正しく評価し、原因を追求した上で、筋膜に対する筋膜リリース、骨盤・骨格に対するMET、HVLAと言われるテクニック、内臓に対するマニュピレーション、頭蓋に対するマニュピレーションと言った技術を用いて手技療法を行います。

当院へのアクセス

  • 電車でお越しの方へ

    東京メトロ丸の内線・中野新橋駅徒歩7分
    川島商店街、大石製麺屋さんのとなりです。

  • お車でお越しの方へ

    ※専用駐車場はございません。お近くのパーキングに停めてください。

  • 東京都中野区弥生町3-24-15 シティコーポ大石102
  • TEL 03-5352-6190

私達がお待ちしております

整体

スタッフブログ更新情報