Acupuncture & Moxibustion / Bone setting

施術案内

骨盤矯正・産後骨盤矯正

ロアン鍼灸整骨院では、骨盤に存在する3つの関節・6つの軸に対するアプローチで症状の根本改善を行っています。

骨盤矯正・産後骨盤矯正

原因

不良姿勢や足の問題、内臓や腹部の膜の張力のアンバランスなどが骨盤に作用し、ゆがみを生じさせ、腰痛や足のシビレなど様々な症状が出現します。
また、お産の後に腰や骨盤周囲の痛み・足のむくみ・体型が元に戻らないなどの症状を訴える方がいらっしゃいます。

妊娠中はリラキシンやエストロゲンと言ったホルモンの影響で、骨盤の関節が弛緩し胎児の成長を妨げない様にしています。
そして、胎児が大きくなるにつれて骨盤は後ろに傾き、重心軸が足首と肩を残して前方に移動するスウェイバックという姿勢になります。
このような骨盤・背骨の不安定性は産中の腰痛や下肢のむくみの原因になります。
産後はホルモンバランスがもとに戻ると共に、骨盤・背骨も安定化し、腰痛なども軽減するのが一般的です。

ただし、弛緩した関節が正常に戻らない場合や、妊娠中のスウェイバック姿勢を正常な姿勢と身体が学習してしまっている場合には、腰部・鼡径部・臀部・股関節の痛みの原因になってきます。

放置すると

上半身・下半身の基盤である骨盤のバランスが崩れ慢性化すると、代償不全(※)が生じます。代償不全により腰痛だけではなく、頚肩のこりや痛み、腕や足のシビレやむくみなど様々な症状を呈する可能性があります。
また、骨盤のゆがみによる骨盤内臓に対するストレスは、産後のボディラインにも影響します。

ロアン鍼灸整骨院の治療方法

骨盤調整は多くの治療院などで行われていますが、そのほとんどが骨盤の仙腸関節にのみアプローチを行っています。
実際には骨盤は3つの関節と6つの軸をもち、それぞれの評価と治療を行う事により、骨盤の機能を最大限に回復させる事が可能です。
ロアン鍼灸整骨院では骨盤の正しい評価を行い、FPNバランス調整により骨盤のゆがみによる代償不全を改善させます。

さらに、産後などに生じた不良姿勢に対しアプローチを行う事により、筋・骨格のバランスが正常化し症状を根本から改善します。
また骨盤のゆがみを正すことにより、骨盤内臓のストレスが軽減され、血行状態が良好になり代謝が改善するので、産後のボディラインが気になる方にもお勧めです。

※筋骨格系の代償不全
身体に異常が出現しそのバランスが崩れた時に、人体に備わっているホメオスタシスメカニズム(身体を一定に保つ機能)により、筋骨格の機能や構造を犠牲にして再度バランスを取ります。これを代償と言います。代償された状態が慢性化し、犠牲になっている組織に過度な負担が掛り続けると、ついにはバランスが保てなくなります。この状態を代償不全と言い、痛みやシビレなどの症状が出現します。